手縫い

手縫い

高品質の美しい製品づくりを愛するParaboot。手縫いの伝統技術にこだわります。

グッドイヤー製法とノルヴェージャン製法は、ウェルトと呼ばれる細い革バンドで、靴の上部にあたるアッパーを、ソールとアウトソール(本底)に結合する製法です。

ノルヴェイジャン製法 グッドイヤー製法 ブレイク製法

ノルヴェイジャン製法

グッドイヤー製法

ブレイク製法

Parabootはノルヴェ-ジャン製法の世界的リーダーです。

原理 : グッドイヤ-製法の靴は、ノルヴェ-ジャン製法の靴より洗練された見た目。

原理

原理

原理

原理 : アッパーは、アウトソールに縫い付けられます。それを仲介するのが、インソール、ウェルト、そして目に見える2線の縫い目。まずウェルトとアッパーをつなぐ縫い目、そしてアウトソール上の小さな点状の縫い目です。ウェルトを入れないことも可能で、その場合、アッパー下部の皮革を直接縫います。それがウェルトの代わりをします。

しかし同じく頑丈です。アッパーは、アウトソールに縫い付けられます。それを仲介するのがインソール、ウェルト、そして目に見える2線の縫い目。まずウェルトとアッパーをつなぐ縫い目、そしてアウトソール上の小さな点状の縫い目です。

原理 :アッパーは、アウトソールに直接縫い付けられます。その間にはインソールを介し、インソールとアウトソールは丁寧に縫い付けられます。ウェルトは必要ありません。

起源

起源

起源

使用由来 : ノルヴェ-ジャン製法は登山靴をはじめ、その他、強度を要する靴の製造に用いられていました。現在はフォーマルなタウンユースとしても活躍しています。

使用由来: グッドイヤ-製法は伝統的に高級靴/タウンユース向けの靴 に用いられています。

使用由来 : ブレイク製法で作られた靴は、より軽く、しなやかで夏使用に適しています。

長所&小話

長所&小話

長所&小話

頑丈且つしなやか。ノルヴェ-ジャン製法によって、靴は履き心地と堅牢性を備えます。 ウェルトの絶妙な配置のおかげで、水に強くより長持ちします。 小話 :この製法には様々な別名があります。例えばRovescia。しかし北欧の国ノルウェーとは全く関係ありません!

より細身のライン 丈夫で水にも強い構造 小話 :1865年頃に現れたグッドイヤ-製法という呼び名は(ウェルト製法とも呼ばれます)、機械発明者Charles Goodyear Jr.(チャールズ・グッドイヤー・ジュニア)の名前にちなみます。

より上品な見た目 ラバーソールと組み合わせれば、非常にしなやかな靴になります。 小話 : このタイプの仕上げは「スピード仕上げ」と言われることもあります。ノルヴェ-ジャン製法やグッドイヤ-製法と比べて、耐久性や耐水性は落ちますが、各製法はそれぞれ用途が違い比べられるものではありません!

型のはなし

これらの製法では、アッパーを固定しないので、あなたの足にぴったりフィットします。


汗をかいても、通気性がよく快適。ソールの張り替えも可能で、より長持ちします。革の品質さえ良ければ、グッドイヤー製法やノルヴェージャン製法の靴を買うことは、エコロジカルな選択です。

手縫い

La chaussure sous toutes ses coutures

革の伸縮性、ウェルト、肉面、""ティージュ”、銀面…靴は見かけよりもずっとたくさんの技術から出来がっているのです。

より詳しく「靴用語」を知りたいですか?

パラブーツ用語辞典をご覧ください!